人生を決定付ける職場での出会い

多くの人は、一日の多くの時間を職場で過ごすことになります。
ということは、そこでの人とのつながりや出会いというものは、それぞれの人生において大きなウェイトを占めるということです。
出会いは大切にするべきですが、では一体大切にするとはどのようなことなのでしょうか。

ここでその一つの方法としておススメしたいのは「多くの敵を作らない」ということです。
多くの敵を作るなと言っても、何も必要以上にへりくだる必要はないですし、自分を捨て切ってしまえというわけでもありません。
私は言いたいのは、必要以上にケンカする必要はないということと、そしてそれによって後々、自分にとってプラスになることが返ってくる可能性があるということなのです。

例えば人事評価。
最近では360度評価なる制度を導入している企業もあるりますが、敵を作らないことによって評価者の誰かが自分を助けるコメントをしてくれるかもしれません。
また転職などをした際にも、どこかで誰かがつながっており、自分のわからないところで良い評判を流してくれているかもしれません。
だから、職場の仲間から好かれなくてもよいから、せめて敵対心をもたれるような行動、言動は慎むべきなのです。

そのためには、自分の意見や主張を感情的にならずに上手に伝えていくことが大切です。
とはいえ、人間誰しも合わない相手というのはいるでしょう。
そういう人は自分の敵となってしまうかもしれませんし、職場の規模にもよりますが、そういう相手がせいぜい一人いるくらいの方がむしろ自然であるとも言えます。
要は、敵に囲まれ孤軍奮闘という状況は避けたいのです。
それができれば、人との出会いが自分に幸運をもたらしてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です